自動車保険配布スキンパーツ1 タグ:冷茶 ( 1 ) タグの人気記事

自動車保険配布スキンパーツ1 夏の茶の飲み物

暑くてろくにご飯なんぞ食べられる気分じゃないので、飲み物ばっか飲んでます。
だめだね、こりゃ。

といいつつもどうせ飲むなら、簡単に作れるのがいいでしょ?

ってんでアイスティー。

やってみればわかりますが、普通に紅茶を入れてそれを氷で冷やすととんでもないことになります。クリームダウンといって白濁して、おいしくなさそーなお茶になっちゃうんですね。

実はこれはタンニンのしわざ。熱湯近くの温度のお湯ででてくるお茶特有の成分ではありますが、これがクリームダウンの根源なのと、アイスティーは冷たくすればそもそも清涼感ただようので、舌触り的な清涼感をかもしだすタンニンはそれほど溶け込まなくても気にならないって部分があります。

というわけで、何にも考えずに待てばできちゃう、クリームダウンしないアイスティーの作り方。

1,ペットボトルのミネラルウォーターを用意します。あるいは普通の水道水をペットボトルに入れるでもいいです。
2,140ccにたいしてスプーン一杯の茶葉をペットボトルに直接投入。1.5lだと11杯いれておけばいいかな。
3,冷蔵庫にペットボトルを入れます。
4,待ちます。8時間ぐらいがお勧め(夜つくり朝から飲む)ですが、気が短いなら多めの茶葉、短めの時間でどうぞ。

これの最大のポイントは、最高級の茶葉なんか使わなくていいということ。
そういうのは暑いお茶にして味を堪能してくださいな。お中元とかもらいものとかでもらったやつ、買って忘れていたやつ、お掃除してたら急にどこからともなく現れたやつ、そういうのを使ってください。高級品の茶葉というのは、私の意見ですがタンニンと他の味のバランスが上手にとれているもの。こういうのを水だしで飲んでしまうと返っておいしくない場合があります。
古いお茶、安物のお茶はそもそもバランスがとれてません。一番粗悪さを感じやすいのがタンニンの部分。
だから水だしでかえってよけいなものが出なくてすむからバランスがとれておいしいのです。

結構びっくりするぐらい味と香りがでますよー。結構そこそこよいダージリンを使うとして100g3000円とします。スプーン一杯3gといいますから、だいたい33杯分。
3000を33で割って、えっとー91円ぐらい。カップ1杯(140cc)91円なんですからそんなに高くはないでしょう?で、水だしするなら100g3000円のダージリンなんて使わなくていいということです。100g1000円で十分。ということはカップ1杯(140cc)30円強。500ccにして100円しませんね。もらいものなら水代だけだし(笑)

ということで意外と経済的でもあるのですよ。ペットボトルのお茶というのは、もともと原料のお茶にずいぶんストレスをかけてあります(無茶な抽出方法とか、お茶葉の管理方法とか)。うまくいえないけれどストレスをかけたお茶からでる液体は決しておいしいものでもなければ体にいいものでもない。

そういう意味でいえば、この水だしアイスティーなかなか自然な飲み物でもありまする。
暑いな!と思う日にはちょっとやってみてくださいませ。あれれ?お茶ってこんなおいしかったっけか、と思うはずです。ちなみに日本茶でももちろんオッケーです。
(私は野草茶や麦茶でもやったことがあります。素直に煮出せと思いますけどね。会社だとそうもいかなくて)

ついでにもう1つ。急須やお茶ポットに日本茶(これは日本茶がおすすめ)を通常の分量いれます。それから目一杯氷をつめます。
氷の溶ける速度にしたがってしか飲めない(笑)特別なお茶ですが、本当に甘い甘美な味がします。冷たいし。舌にころがる旨さです。
何かをしながら。そうですね、本を読みながら。お掃除をしながら。なんでもよいけれどお茶を飲むために入れる茶でなく、ひとときを楽しむためのデコレーションとして、いかがでしょ。

お茶って大変。そう思ってる方にぜひやっていただきたいなー。そして開眼していただけるとうれしい。私たちは皆お茶の国の生まれの人なんだって。
悪くないもんですよ。
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-13 15:42 | 料理 cuisine