自動車保険配布スキンパーツ1 タグ:ケーキ ( 2 ) タグの人気記事

自動車保険配布スキンパーツ1 なまけもののトライフル

これは、vaucluseさんところのスリーズ(さくらんぼ)を見たら毎年作りたくなるお菓子なんです。
(この記事はvaucluseさんとこの「vie quotidienne」の「読書三昧&恒例のサクランボ三昧」にTBさせていただいています。vaucluseさん、いつもすてきな記事をありがとうございます)

とはいえ、さくらんぼを使うわけではありません。さくらんぼのお酒、キルシュワッサーです。なぜかこのお菓子にはこのお酒がぴったり。
日本ではあのケーキのお酒として売ってるうさぎさんマークのボトルシリーズにありますし、ヨーロッパでは大瓶をかっても数ユーロでしょ。もともとはオーストリアとかドイツ系のお国のお酒です。

ただ気を付けてくださいね。日本人が通常飲むような強さではありません。だいたい50度?そんぐらいです。ヨーロッパにはシュナップスという強いお酒(たぶん食後酒が主な用途)がいろいろありまして、
例えば、
イタリアならグラッパ、フランスならマールとかカルバドスとかブランデー、イギリスなどではモルトウイスキー、デンマークでは..あ名前忘れました...そしてオーストリアではキルシュワッサー。ってな具合です。

このキルシュワッサー。キルシュがスリーズにつながるサクランボって部分で、ワッサーが水。サクランボ水ですね。うそだーアルコールですが。
ま、オードヴィといういい方があって、人生の水=アルコールというわけですから、サクランボ水がアルコールでもね。

とここまで書いておいてなんですが、記憶でものをいってまして暑さで頭やられてるので間違ってたらごめんなさい。「間違ってるよー」とびしびし指摘してくださいまし。

さて、でなまけもののトライフルですが。
トライフルはもともとイギリスのお菓子というかデセールだったはず。
「取るに足らないもの、ささいなもの」という直訳だそうですが、なんかいい加減に作れるっていう感じがすごく私向きだったので、さらにいい加減さを倍増させてアレンジしたのが、私オリジナルの「なまけもののトライフル」です。

ちなみに命名者は私の主人エリックでございます。妻のオリジナルレシピに堂々となまけものって名前をつけるかねー!?ま、いいや。夏だし。

では作り方です。

材料
カステラ 1本(あるいはスポンジケーキを焼いて下さいまし。スーパーとかでゲットしてもよし)
生クリーム 適宜(多い方が楽しい、200ccは使いましょうね)
砂糖 適宜
果物 (ベリー系がおすすめです。クランベリー、ブルーベリー、ブラックカラント..、冷凍だろうが道ばたで取ろうが構いません)
果物のジャム(これもベリー系がよいです。同じ味が重ならないように果物がクランベリーなら、ジャムはブルーベリーとかいいですね、なければフルーツのシロップやジュースでもよいです)
キルシュワッサー(あくまでご自身のアルコールの強さを考えて量を加減してくださいね、火を使わないので、アルコールはまったく飛びません(笑))

作り方
1、生クリームと砂糖をまぜてしっかり泡立てる
2、カステラ半量を適当にちぎりながらボールに並べる(このボールでテーブルに出しますから気を付けて)
3、果物があれば、果物の半量をちらす
4、ジャムがあれば、ジャムの半量をのせる
5、ジュースがあれば、ジュースの半量をかける
6、キルシュワッサーの半量をかける
(ここまでで、カステラがジュースやキルシュワッサーで十分しめっているのがいい感じです。めざすはサバラン風)
7、生クリームの半量をかざる
8、2〜7を繰り返す
9、ボールにラップをかけて、冷蔵庫に入れて最低1時間は待つ。(3、4時間ぐらいが一番おいしい。1日経つと味のピークはおちてきます)

ちゃんちゃん。おしまい。
簡単でしょ?なまけものバージョンですから(笑)

ちなみに私が作ったところをビデオで公開しております。
よろしければ見てやってください。フランス語で主人とかけあい漫才もやっとります(笑)

triffle de faignasse

ではーボナペティ!
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-05 14:46 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 誕生日シリーズ4ーケーキ買ったよ

そうこうしているうちに、本当に誕生日近くの7月14日金曜日。お、革命記念日ではないですか。じゃついでにお祝いしましょ(意味なし)。

ということで、主人には
「もーすぐ誕生日だけど、もーお食事もいったしプレゼントもあげたからね。何もないよ。期待しないでね」とわざわざ念を押しつつ、仕事場から検索したおいしそうなケーキ屋さんに予約の電話。

インターネットで見るところ、ここのケーキは半端じゃないほめ方。
どうもここのシェフ・パティシエ和泉 光一さんという人は半端じゃないらしい...。

ふむ。じゃどれどれ。せっかくの主人の39歳の誕生日近くだし。
「ボンアニベルセール、エリック」って書いてください。って電話でお願いしたらスペルがわからなかったらしい。フランス菓子屋さんでもね、日本だもんねしかたないよね。
チョコレートとマンゴのケーキがあるらしい。15cmで2500円+消費税。全然OK。
会社帰りに行きましたがな。

古くからあるお店のたたずまいも好きだったけど、並んでいるケーキの表面を見て、あ、こりゃ旨いはず、とすぐわかった。

よくあるフルーツの乗ったケーキやタルトオポンムがおいてあったけど、火の通し方に気を使っているのがすごくわかった。火を通し過ぎるとちょっとおいしいけどかっこわるいケーキになりがち。火を通し過ぎないと、焼き菓子部分とフルーツが浮くから論外。この火の通し方に気を使わないパティスリのケーキなんて食べたかない。

で、予約のケーキをお持ち帰り。他にも小さい焼き菓子とかあって大量に買い込みそうになった私は、冷静に、冷静にと心の中でとなえながら帰ったのでありました。

駅で待ってる主人に「ボンアニヴェルセール」と渡したら、主人うれしさのあまりケーキの箱を振り回しそうになったので、叫ぶ私。やめてーーーーーーーーーーーー。絶叫する私。何がおこったか理解できない主人。
普段100円シュークリームしか買って帰らない妻の生活感のつけがこんなところに(涙)。
これだけは振り回さないで。電車で必死に守ってきたんだから。

でおとなしくお帰りあそばして、ドライアイスをとりのぞくために一度あけました。

みて。美しい。

f0097503_1751532.jpg


微妙にスペル違うけど、お誕生日おめでとーだ。エリック。
f0097503_1754365.jpg


でもどこにもマンゴは見当たらない。
実はこの表面はミルクチョコレートで、なかにマンゴの半分ペースト状になったものがうまく混じっていた。

一口食べて、「あー色気のあるチョコのケーキだなー」と思った。全然、甘くなくない。フランス人のお口にもある、ど甘さがうれしかった。

私は紅茶を専門にして本まで書いているんで、ケーキはうるさい。
1カ月寝かせないといけないケーキとか、一見怪しそうでも本質をついているようなものしか好きじゃない。私の作るスコーンは、ある人たちの中では伝説になったぐらい味がよくて本当に売ればいいのに、と何度もいわれたことがある。
質実剛健で、しっかり甘くて、しかも存在として美しくなくちゃいやだ。
もちろん紅茶にあわなくちゃやだし。
半端な素材を使っていると、紅茶の限りなく水のような透明感のある味の前に、素材の悪さを露呈させてしまう。だから基本的によい素材を使ってまじめに作って、プロから買うならしかも美しい。こうでなくては、いけないのだ。
今はやりの美しくて小さくて超有名で何にもないパティシエのケーキは一切食べない。興味もない。

だが、だけどね、いやはや。

この色気のあるケーキにはまいった。
また行きます。
ちゃんとしたものが好きな方には、わざわざ電車賃を払って道に迷ってでも行く価値のあるケーキです。近頃めずらしいしっかりものです。

東京都調布市 スリジェ

シェフパティシエ和泉 光一 さんの紹介記事
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 17:16 | 雑感 divers