自動車保険配布スキンパーツ1 <   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 隣の怖い警備員さん

ずっと面接ネタも辛い(書くほうも読むほうもですよね)ので、最近毎日気になっていることなぞ。

隣の家の警備員さんが怖いンです。

いや、省略しすぎですね、この文。

隣の(建築中の)家の(前に立って交通整理をしてる)警備員さんが怖いンです。

なんでかっつーと、車のことだけ考えてるらしくって、車の整理はしてるんですけど、人が視界に入ってないみたいなの。
どんなに近くで車が通りすぎるのを待っていても、私のすぐ横を通るように車を誘導させたり、渡ろうとしてるのに対向車線からの車に通っていいよサインを出しちゃったり。

それが家のすぐ隣なので、もー視界もへったくれもなくて、本当に怖いんです。

おじさーん(むしろおじーさんかも)こっち見てよー、車同士がぶつかるよりあなたの目の前であなたの誘導で走っちゃった車が私をひき殺したら、あなたの罪は重くなるわよー。

と毎日心の中で叫びながら渡る道の反対側。
やっと仕事決まったっつーのに、こんなことじゃ死なないぞ。

とまぁ毎日気迫だけを頼りに道を渡っているのでした。
早く工事終わって。
[PR]

by oeuf2 | 2006-11-27 19:33 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 面接笑い話

しばらくはこのネタで引っ張れるかな、と(笑)

9月からいろんな仕事に応募して面接とか受けたんですけどねーまーいろんなことがありました。
私はIT関連外資系にターゲットを絞って応募していたんですけどね。
その手のサイトがあって、まずはCV(つまり職務経歴書)を英文、和文で登録。
面白い仕事があったら1クリックで応募!ってのが通常なのですが、そっからが長い。
応募したらわりと早く連絡がきます。

でもそれは書類審査が通ったわけでも、どこかの企業に応募しました通知でもなく、
中間の人材紹介会社といわれるエージェントに登録をしたい意思表示を受け取りました通知になるんですよ。

で、このエージェントに登録のための面接1回。
これが終わって、どこかの企業に晴れて応募。まずは書類審査です。
1,2週間後に返事が来ます。だめなときにはとっとと返事がくることも。
あるいはすぐに会いたいと返事がくることもありますけれど。
で、一次面接となります。これは実際の仕事での上司との面接ってこともあるんだけど、人事の面接ってこともある。

最初に撃沈した会社では、人事の一次面接で、会った途端に「絶対通らないな」と分かっちゃいました。だって話すペースとか雰囲気が合わなすぎて、話すのが辛いのだもの。
案の定落ちまして、理由が「企業風土にあわない」ですって。

えー企業風土って何ですかー?ってずっと疑問だったんだけど、ずいぶん後に別のエージェントさんがちょっぴり説明してくれました。つまり「落ち着きすぎ。貫録ありすぎってことですよ」
フリーランスが長かったからねぇ、迫力があるのは仕事をとるために必要なことだったんですよってば。それにしても。
じゃ日本の企業って(日本に存在する外資の企業ですよ)「落ち着かず、貫録なく自信のない人のほうを採用したいものなの???」
謎です。

私は23歳で日本の大手電機メーカーの研究室に就職をして3年で辞めてしまったのだけれど、そのとき感じたなんというか閉鎖空間のような息苦しさを、あらためて感じてしまったのでした。あれから20年後の今も変わってないんですねー。愕然。

前途多難な予感がしつつ、就職活動は始まったのでした。つづく...
[PR]

by oeuf2 | 2006-11-26 12:41 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 祝!正社員っ

とんでもなくご無沙汰いたしておりまするー。
9月から探し始めていた仕事もかなり撃沈して落ち込んでおりましたが、
ひょんなことで見つかってしまいました。来年の1月から正社員でございますー。

うーーーーーーーーーーーーーやっほー!
やっと経済的に安定します。
っつーかアパートの契約更新のための1ヶ月余分にお金を払うってのが
安心して大丈夫、っていえるようになりそう。

外資系の会社のカスタマーサポートなんですけどね。
嬉しい...........。
長かった私の秋がようやく終わりをつげて、落ち着いて年末年始を迎えられそうです。

今まであった面接びっくり話はおいおい出していくとして、
まー3ヶ月で見つかったというのはとてつもなくありがたいことなんだというのもおいといて、今は心底ほうっとしたって感じです。

主人と一緒に来年はフランスに帰れるかも。
いやいやそのまえに主人のお兄さん(パリ市警のお巡りさんらしい...)に存分に東京見物してもらえるかも。
あーお金ってないと困るのよねー。ありすぎても困るんだろうけれど、今のところそんな悩みはもったことないし。

私を正社員にしようと決めてくれた皆々様、よくぞここまでへそまがりで全然日本人らしくない!といわれる私に決めてくださいました。慎んでお礼を申し上げます。

あ、そういえば結婚式ってしてなかった。友人集めてパーティーしただけだった。
だから未だにフランスでは結婚してんの?と疑われている主人。
できたらいいなー。

なんてトラの皮算用も進む、ちょっとだけ呑気な昨日からの私。

ブラボーーーーーー!
[PR]

by oeuf2 | 2006-11-25 18:02 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 とつとつと...

お久しぶりでございます、皆さま。

体調がよくなかったり
精神的にまいってたり
物理的に忙しかったり

本当にいろいろで

ブログ書く気分になれなかったり、ネタが物理的になかったり、とずいぶんごぶさたしちゃいました。

でもね、続けていきたいんだって気持ち、大事ですね。

ちょうどMyBookというサービスが始まったの、皆さんご存知ですか?
ブログがPDFになっちゃうんです。

まぁ、1つのブログをずっと長く書いておられる方から気にならないかもしれないけれど、私の場合、卵色日記1から移動してきていますので、いつなくなっちゃうかなーとひそかに心配してたんですよ。

で、PDFにしてとっておこうと。

PDFは1つ480pageぐらいまでしかできないから、一生懸命書いていた2005年の3月ごろのものだと3ヶ月ぐらいで1つのファイルにしなくちゃいけなかったんですけれどね。いくつ作ってもPDF作るだけならタダ(印刷を注文すれば有料)なので、5つぐらいに分けて作っちゃいました。

そうそう、最初のころはわりにニュースネタでフランス語と併記してたんだよねーとか。
今のスタイルになってもだいぶ写真をいれずにやってきたなーとか。
写真のレイアウトに凝った時期もあったし。
1年前ほどからめっきり記事が減ったのは仕事のせいでもあったなーなんて。

そういう自分で書いてきた歴史をあらためて見直したら、いとおしくなっちゃった。

体調壊して、いろんな、もう本当に多くの人に心配もしていただき、助言もしていただいたけれど、迷いも多くって。

えっとー不惑の年はいくつだっけ。少なくとも私の場合40歳代じゃないなと実感したり。

その体調の悪い間に、無謀なことにとりあえずの派遣仕事の面接と正社員になるための面接を片っ端から受けていたので、なんだかよくわかんなくなっちゃったり。
(だいたい面接なんて落とすためのものでしょうから、きっついこと言われるのよね。体調にはよくありませんって)

きわめつけは、フリーランスやっていたから私にはスタイルができてる。だからいっそフリーランスに戻ったら?なんて言われたこと。それじゃ2人分の食いぶちを安定供給できないから、仕事探してるんでしょうにっ。

2ヶ月のめくるめく日々の中で(決してよい意味でめくるめいていたわけではありません)要するに分かったことは、既婚の40代フリーランス歴10年以上もある、マルチリンガルで口うるさいキャリアウーマンと称するおばちゃんに、今の日本では(海外ではもちろんだけど)与える仕事はそんなにはない、ってこと。

やっぱね。っちゃーそれで終わっちゃうけどさ。

それっていけないことかな?誰だって40歳も過ぎて20年近く仕事ってものをやってれば方法論だってスタイルだって出来てるし。それで食ってるし。それがないほうが問題でもあるでしょ。

と今日思いました(笑)。

病院の先生がね、キーワードは「自分のために生きる」だ。と何度も繰り返していってくれてました。私はどうも人のことを先に考えてしまうので、でそういう人が40代半ばぐらいですんごい具合悪くなって病院にくるらしくて、そういうのの専門といってもいい更年期科(いやたまたま内科にいったら先生が更年期科もやってたってだけだけど)の先生に断言されればね。そっかなーとも思いますわ。

うちの主人はそういうこと何も言わない人。私がどうであれ病気であれ元気であれ、私のことを必要といってくれるから、なんかちょっと超越しちゃってるのよね。
でも私ゃ泥沼の中のお魚よろしくもがくわけで。

今度の派遣仕事は、今までより朝も早く夜も早く7時には家に帰ってきちゃう(今までは朝も遅く夜も遅くご飯を作るのが9時ぐらいだった)。生活のリズムも仕事仲間も変わってきちゃうけど、それでも責任の重さが減るのが嬉しい。
それと同僚や上司とお話できるのが(笑)。

笑えるけれど、以前の職場(それでも約1年やった)では上司以外の人と話すことは半年に1度とかそんなペース。すんごく苦しかったです。おしゃべりしたかった。

今度の職場はコミュニケーション命!だからおしゃべりができるし、かわいい女の子も同僚にいる。やっぱ女の子だよねーくだらない話するならね♡
少し楽かな。

エリックとの夕ご飯も少し時間がかけてあげられるようになるといいな。
1年も手抜きしてると本当に手抜きが身についてしまいます。気にしない主人。それもまたよいかもしれないけれど...(笑)

そんなわけで、とつとつと、生きていきたいと思います。

そうそう病院は驚異的な貧血状態を脱して「人間並に」なったということで、サプリメント程度のものをとっておけばよくなりました。とはいえ時々まだ病院には通っているのだけど、先生に言われた印象的なこと。

60歳とかそのぐらいになったとき、自分がどうありたいかを明確にイメージしなさい。絵に描けるぐらい。そうしたら今自分が何をしなくちゃいけないか分かってくるから。たとえ体が嫌がっても、その目標に対して妥当なことだったら、頭で体を説得すれば体はついてくる。

うむ。私、最初は60歳になったら海辺にエリックと家を買って、ぼんやり暮らしてたい。だからお金が安定的に必要。だから正社員である必要がある。というわけで正社員の口を探していたんだけど、私が仕事を探すような外資系って突然首切りがあったりするので全然安定的にお金が供給される保証はない。ってことに気がついた。

だから、お金が安定的に必要。だから仕事がずっと必要。に切り替えて、
60歳になったら、エリックと自分らしく生きていたいに切り替えることにしました♡。
このほうが現実的。

無理しない。とつとつと生きる。それが私の性格上とっても難しいことだってわかっているけど、まぁ頑張ります。

とつとつと。
明日もあさっても。

いつかそう生きることが身に馴染むように。
[PR]

by oeuf2 | 2006-11-05 17:13 | 雑感 divers