自動車保険配布スキンパーツ1 <   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 そして夏のバカンスはやってくるのか!?

今の予定でいきますと
私担当の製品は10月発表でございます。
発表ってところがみそで、製品と言いつつダウンロードする類いのものですので、発売ではないのでございます。
ところが世界で多分一番利用人数の多いソフトウェアといっても過言ではないでしょう。
この有料でなく使用者の数が半端じゃないってことで、
責任があるんだかないんだか分け分かんなくなっちゃいそうなプレッシャーの中今日も私は生き延びております(今日はお休みだけど)

で、フランスのパパとママが9月に来日するんですわ。2度目。
前回はお互いに初対面だったし、結構ストレスたまって嫌な思いもして、それがブログをはじめるきっかけにもなったけれど、今回はもう少しよいベルフィーユ(義理の娘)になりたいもんです。

9月6日。

私は自分の両親ともともとあまり折り合いがよくなくて、親に愛情をもつって感情をもったことがなくて、どうしていいかよく分かんなくて、ちゃんとしない人はもともと苦手で。
もー2年前のことだから時効ってことで言ってしまえば、もっと優しくしてあげられたよなー、的な後悔の2年でもあったのです。しかも核家族だった自分と両親の家に1日たりとも人が宿泊したことはなく、私も経験がなかったのに、いきなりフランスのパパとママは予定も一方的宣言的に1ヵ月。正直面食らったまま1か月を過ごしたわけです。パパとママが帰った後は、精神的ダメージが大きくてしばらく寝込んだりもしたほどでした。

だから、正直恐い。また会うのは恐いし、またあのけんまくでフランス語でまくしたてられたら、もー立ち直れないかも。
ずーっとドキドキしてぐらぐらしてました。逃げられるもんなら逃げたい。1か月どっかアパートとか借りて1人で暮らそうかしら。冗談ぬきでそんなふうにも思ったりしてました。
なんだけどね、自分の両親から愛情のある接し方を学ばなかったからといって、私ができないとは限らないし、現に主人にはとても愛情を感じているし、少しでもいいから最初からできないと思わずに、もしパパとママを大切にできるとしたら、って仮定から入ればいいや、と。無理せずにやってみればいいやと思い直すことにして。
幸い、パパもママもとてもラテン系で、過去のことはあまり気にしないタイプ(らしい)なので、ありがたくもう一度最初からやってみればいいや、と。

そう思ったら少し楽になったので、怖がったり、おびえたり、不必要に壁を作ったりせず、ちょっとだけ頑張ってみることにしようと。

だから、仕事を理由にバカンスをとれないからといって、仕事三昧の9月を過ごそうと思っていたことも、とにかく(仕事がめちゃくちゃ忙しいことは確かなので)できるかぎり無理せず時間をうまく使って、頭を切り替えられるようにすればなんとかなるんじゃないかと。

そんなわけで!
バカンスなんて無理。お金ないし!時間なんてもっとないし!とぐちぐち黙らない私の心を黙らせるためにも、きゃーーーーーーーーーーーーー予約しちゃいました。ホテル。
もーやっちゃったもんね。知らないものね。誰がお金払うの?だいたいお金あるの?
だいたいその日は大事なリリースとかなかったっけ?会議は?

えい。予約しちゃったのです。もーキャンセルできません(できるけど死んでもしないぞーーー)。

行き先は富士。そう、来日2回目になるパパとママ。1回目にはやっぱり必死にお金をなんとかして京都につれていきました。次はやっぱ富士ぐらいねーいかないとねー。
ただでさえ箱根の温泉に興味しんしんのパパとママ。エリックはまた箱根に連れていってもいいやぐらいのつもりだったらしいんですけど、せっかくだから違う土地がいいじゃないよーという私の信念のもとに、やっぱり富士。富士です。

高くなくて雰囲気のよさげなところが見つかったので。いや5月から探してましたけど。
河口湖 リゾートイン メイクィーン

ジャグジーもあるのよー露天風呂もあるのよーサウナもあるのよー。
超短い2泊3日だけど、許してね、皆。

これでちょっとはよいベルフィーユになれるかなー。なんて思ってたら、ママから電話。エリックの誕生日おめでとーメッセージのためなんだけど。
(そうエリックの誕生日はほんとは昨日7月16日でした)

事情があって、事前の了承もなしに(だってエリックが大丈夫だよっていうんだもん)ホテルを予約したので、事後だけど了解もらわないと!っていうと、うんうんってママに報告してる様子。なんだか電波状況がわるくて「だから携帯からかけるなっつってるだろ!」とかいってるけど和やかな様子に、ちょっとホッとしたりして。

電話が終わったら、エリックが「全然大丈夫。ママがありがとってさ」
この「ありがと」ってのが、すっごい心にじーーんと来ました。
今度は少しよいベルフィーユになれてますように。
心配ないよってエリックがいうから、あんまり心配しないようにします。

なるようになるよね。無理しないことがきっと一番なんだと思う。


で、電波状況のわるかった理由と、事前了解をとれなかった理由と言うのがじゃじゃーん。パパとママがモビロムを買ってそこから電話していたからなのでした。

モビロムって何?

どうも、家なんだけど移動できるらしい。

キャンピングカー?

いや普通にトイレとかキッチンとかある家らしい。

???もーわっかんない。何それ?

どうも「トレーラーみたいなものにのせれば移動もできる」けど、普段はあまり動かすってもんでもない家、らしい。

Nivelleっていう街?村?に据え付けてるのを買ったんだって。
それをきいて私は、なぜか漁村の港に水揚げされたお魚さんを直接漁師から買うおばさんの図、を想像してしまった。

だって、そこに置いて売ってるわけでしょ?買ったら、いきなりその所有者になっていきなり住めちゃうわけでしょ?似てるじゃん(どこが.....)

で、がぜんNivelleって街に興味を示した私。見つけましたよ。ここです。

ロワレ県(というのでいいの?)のサイト

要するに、パリよりちょっと南。あのジャンヌダルクで有名なオルレアンのまあ近く、ロワール川のほとりって感じでしょうか。

あーーーー美しそう。

ちょっとだけ付近の写真(らしい)

そのニベルNivelleってどんなとこ?山?海?
の質問に迷うことなく



って答えてたエリック。日本で、どんなとこの説明の答えとして「森」って概念はなかなかないんじゃないかと思うけれど、この写真をみると、森、かもって思えるからふしぎ。

いいなーパパ、ママいいなー。

というわけで、やってしまえばできるもんよ、の味をしめつつある私。
来年のバカンスにはこのNivelle1週間占拠を勝手にもくろむことにしたのでした。
(だってエソンヌ県のエヴリ近くのドラベイユDraveilが一族のいるところなんだけどイメージわかないし、車燃やす人たちたくさんいるときくし、あまりフランス慣れしてないベルフィーユとしては、是が非でもいきたいって土地に思えなかったんだもん...正直いうと...。すっごい綺麗でいいところらしいんだけどねーーーお城もあるし)

というわけで今年は富士。来年はニベルに行くわよ。やるわよ。がんばるわよ。
夏のバカンスなんて作ってやる!
そうよ、その意気よ!と一人で盛り上がってみる、休日のoeufなのでした。

明日にはまた仕事でへしゃげているに違いない....
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 18:07 | バカンス vacance

自動車保険配布スキンパーツ1 さまざまな夏の初め...

f0097503_17213040.jpg
f0097503_17215816.jpg
f0097503_17221985.jpg
f0097503_1723620.jpg
f0097503_17232377.jpg
f0097503_17235034.jpg
f0097503_1724482.jpg
f0097503_17241890.jpg

[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 17:24 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 誕生日シリーズ4ーケーキ買ったよ

そうこうしているうちに、本当に誕生日近くの7月14日金曜日。お、革命記念日ではないですか。じゃついでにお祝いしましょ(意味なし)。

ということで、主人には
「もーすぐ誕生日だけど、もーお食事もいったしプレゼントもあげたからね。何もないよ。期待しないでね」とわざわざ念を押しつつ、仕事場から検索したおいしそうなケーキ屋さんに予約の電話。

インターネットで見るところ、ここのケーキは半端じゃないほめ方。
どうもここのシェフ・パティシエ和泉 光一さんという人は半端じゃないらしい...。

ふむ。じゃどれどれ。せっかくの主人の39歳の誕生日近くだし。
「ボンアニベルセール、エリック」って書いてください。って電話でお願いしたらスペルがわからなかったらしい。フランス菓子屋さんでもね、日本だもんねしかたないよね。
チョコレートとマンゴのケーキがあるらしい。15cmで2500円+消費税。全然OK。
会社帰りに行きましたがな。

古くからあるお店のたたずまいも好きだったけど、並んでいるケーキの表面を見て、あ、こりゃ旨いはず、とすぐわかった。

よくあるフルーツの乗ったケーキやタルトオポンムがおいてあったけど、火の通し方に気を使っているのがすごくわかった。火を通し過ぎるとちょっとおいしいけどかっこわるいケーキになりがち。火を通し過ぎないと、焼き菓子部分とフルーツが浮くから論外。この火の通し方に気を使わないパティスリのケーキなんて食べたかない。

で、予約のケーキをお持ち帰り。他にも小さい焼き菓子とかあって大量に買い込みそうになった私は、冷静に、冷静にと心の中でとなえながら帰ったのでありました。

駅で待ってる主人に「ボンアニヴェルセール」と渡したら、主人うれしさのあまりケーキの箱を振り回しそうになったので、叫ぶ私。やめてーーーーーーーーーーーー。絶叫する私。何がおこったか理解できない主人。
普段100円シュークリームしか買って帰らない妻の生活感のつけがこんなところに(涙)。
これだけは振り回さないで。電車で必死に守ってきたんだから。

でおとなしくお帰りあそばして、ドライアイスをとりのぞくために一度あけました。

みて。美しい。

f0097503_1751532.jpg


微妙にスペル違うけど、お誕生日おめでとーだ。エリック。
f0097503_1754365.jpg


でもどこにもマンゴは見当たらない。
実はこの表面はミルクチョコレートで、なかにマンゴの半分ペースト状になったものがうまく混じっていた。

一口食べて、「あー色気のあるチョコのケーキだなー」と思った。全然、甘くなくない。フランス人のお口にもある、ど甘さがうれしかった。

私は紅茶を専門にして本まで書いているんで、ケーキはうるさい。
1カ月寝かせないといけないケーキとか、一見怪しそうでも本質をついているようなものしか好きじゃない。私の作るスコーンは、ある人たちの中では伝説になったぐらい味がよくて本当に売ればいいのに、と何度もいわれたことがある。
質実剛健で、しっかり甘くて、しかも存在として美しくなくちゃいやだ。
もちろん紅茶にあわなくちゃやだし。
半端な素材を使っていると、紅茶の限りなく水のような透明感のある味の前に、素材の悪さを露呈させてしまう。だから基本的によい素材を使ってまじめに作って、プロから買うならしかも美しい。こうでなくては、いけないのだ。
今はやりの美しくて小さくて超有名で何にもないパティシエのケーキは一切食べない。興味もない。

だが、だけどね、いやはや。

この色気のあるケーキにはまいった。
また行きます。
ちゃんとしたものが好きな方には、わざわざ電車賃を払って道に迷ってでも行く価値のあるケーキです。近頃めずらしいしっかりものです。

東京都調布市 スリジェ

シェフパティシエ和泉 光一 さんの紹介記事
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 17:16 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 マッシュルームのハーブ焼き

なにもたいしたことやっとりません。

マッシュルームを1kg買う勇気と、
こおんなでっかいアルブドプロバンスをゲットするコネさえあれば(笑)。
f0097503_16404778.jpg


フランスのパパとママが送ってくれました。
いや、vie quotidienneのvaucluseさんに前にいただいたのが気に入った私、おねだりしたらこんなでっかいのが来たんですね。200gといいますが、そうですね、500ccのコカコーラと同じぐらいの高さがあります。でっかいです。ハーブって重さないんですよね。

で、マッシュルームをきって、たまねぎきって、トマトきって、オリーブオイルと塩、こしょうと、アルブドプロバンスをかけて、オーブンで2,30分。なんにもしておりません(笑)

これを堂々と料理とよぶあたり、いい根性のoeufでございます。
f0097503_16434553.jpg

[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 16:45 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 花火

そりゃ大きな花火も大好きです。
小さい頃住んでいた町では、毎年大掛かりな花火大会が2日にわたってあったので、毎年見にいっていましたし。
というか花火を見られない夏なんて考えられなかったし。

盆踊りも結構達人でした。妙に自分でいうのも何なんですが上手です。運動神経が切れてるとまで母に言われた私ですが、ダンス系、結構いけちゃうんです。和物、洋物、結構問わずです。

でも、盆踊りも大きな花火も最近ごぶさたな今年の夏。ちょっくら夏気分をと思って、フランスにない花火を。

そう、手持ち花火です。大きなのはあっても小さな手持ちのはないんですって。
初めてやってみせたとき、線香花火に見入っていたエリック。もちろん花火は大好きです。

今年は、ばああんと120本入りなんて買ってみました。夏中できるはず。
f0097503_16355474.jpg

f0097503_1636193.jpg

f0097503_16363547.jpg

f0097503_16365052.jpg


小さな夏の始まりです。
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 16:37 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 うちの新しい子供たち

ぺこっ。
f0097503_1675612.jpg


えっとー
初めましてー。

こないだからoeufパパとママのうちに住んでますー。
フランスのおじいちゃんとおばあちゃんが送ってくれたんですー。

僕のお兄ちゃんの、パンタくんとクマちゃんは、
それぞれヌテッラとビールまみれになって、
お風呂場で最初の一晩を過ごすことになったっていってましたけど、
僕は大丈夫でした。
ちょっと鼻先にヌテッラついてたけど、パパがなめてくれたの。

僕はまだ子供でキャンキャン吠えることもできるんだよ。
パパが僕を吠えさせるの好きで、ママがときどき困ってるよ。

そんなわけです。どーぞよろしく。

ぺこっ。
f0097503_1681541.jpg


僕は見てのとおりアヒルです。僕も一緒に住んでます。
でも未だにどーして僕がここにいるのかよくわかってません。
ある日突然真っ白なお部屋に大量の猫さんたちと机の上におかれて放っておかれたんです。たくさん人が通るけど皆誰もさわってもくれないし、第一説明もしてくれなかったのですっごい恐かったです。

あとでママにきいたら、あそこは「カイシャ」ってところだったらしいんですけど、本当に恐かったです。だって男の人ばっかりで皆あのーなんていうんでしたっけ、あ「オタク」みたいな人ばっかりだったんです。
で猫さんたちと、いつか「あひる猫鍋にしよう」とかいってお湯にとぽんって入れられちゃうんじゃないかって本当に心配してたんです。

でも、ママがずっと僕を見てたのは知ってました。そばを通るたび撫でてくれて、ちょっとうれしかったんです。で、ある日3匹の猫さんたちがママに連れ去られていきました。ちょっと面白かったです。ママは左右をみわたして袋に猫さんたちを押し込めてだーって走って帰りましたから。

でも僕はそのままでした。ママの話によると、1匹だけアヒルだったのでいなくなったらすぐにばれると思って時を見計らっていたんだそうです。
そうこうしているうちに、僕達は別のところにお引っ越ししました。
なんかもうちょっとにぎやかで人の笑い声とか聞こえるところです。
なんかお仕事の間に一息つくところなんだって。
そこにお引っ越しした夜、ママがやってきました。例の袋をもって。
目があった、と思ったら僕のまわりは真っ暗になりました。
1時間ぐらいしたでしょうか。ちょっと目がまわっててくらくらしてたんですけど、急に明るくなったなーと思ったら、パパでした。袋から頭を出して息をさせてくれてたんです。

ママはパパにキッドナッペ(誘拐)しちゃった♡ってうれしそうに話したそうです。
パパはちょっと心配したけど、僕の顔をみて安心したんですって。

というわけで僕の話は終わりです。パパが毎日くちばしを可愛く整えてくれます。
そうしないとカリメロみたいだって。カリメロってフランスにもいるんですって。
僕は黒くないからちょっと納得いきません。

僕の写真はパパがケータイで撮ってくれたんです。
f0097503_1692255.jpg

ここについてるちいさな猫とこの2匹の猫は、僕の前にママがつれてきた猫さんたちです。
f0097503_16851100.jpg


上の子犬君は、ママがキッドナッペした次の日に、おじいちゃんとおばあちゃんから送られてきたのが着いてやってきたんです。急に増えたーってママとパパはいってますけど、つれてきたのも、おじいちゃんとおばあちゃんにヌヌス欲しい?ってきかれて、間髪いれずにうんって答えてるのもパパとママです。

自業自得っていうんですよね。これって。
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 16:29 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 誕生日シリーズ3ープレゼント買ったよ

といっても携帯変えた後だからねーといいつつ、今年は

予算5000円までで欲しいものを行ってごらん

作戦にでてみました。本当は最近シガリオが欠かせないのでライター買ってあげようと思ってたんだけど、なくす危険があるんじゃないかと思って、本人の意思を尊重してみることにしました(笑)

そしたらよりによって、オタクなものを。

SDカード

いや別にオタクなものじゃないけどさー、新しい携帯をゲットした主人は、メモリーカードが欲しいわけです。ムービーとか撮るのにも気兼ねしなくていいように。

ま、じゃ探しにいきましょ。ということで吉祥寺にくり出しました。

で、こんなものを見つけてゲットしてしまう私たち。
f0097503_1556393.jpg


HARIBOです。カエルです。初めてみたーという主人にゲットしてあげました。
なんてよき妻♡。
f0097503_15571298.jpg

そして夏場だし、そろそろパルファンとかいいなーと見て、予定外のご購入。
今年はこれになりそうです。
本当は、私はジャン・パトゥなんだけどね。まったく。百貨店クラスにいかないとちゃんとしたジャン・パトゥうってないし、そんなのをご大層に常備できるほどお金持ちでもありませんので、2人で兼用で今年はこれかな。
甘いバニーユの香りがよいですよ。
f0097503_15575782.jpg


で肝心のSDカードは、予算内で1GBがゲットできちゃったので、1GBにして、これはカメラ君にいれることにして、主人の携帯にはカメラに入れてた256MBを使ってもらうことにしました。カメラも携帯も同じカードが兼用できると便利だねーー。
っていうんで、主人はムービーを好きなだけ撮りまくれると、いうわけです。

めでたしめでたし。
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 16:02 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 誕生日シリーズ2ー高尾山に行ったよ2

思わず窓をあけて外の景色をのぞきみる私。
手に当たる木の香りが懐かしいのです。
f0097503_1544815.jpg


食べ物もとてもていねいで正直に作ってある感じでした。
f0097503_15442775.jpg

f0097503_15444672.jpg

f0097503_154512.jpg

f0097503_15451865.jpg

f0097503_15453618.jpg

f0097503_15455476.jpg

f0097503_15461368.jpg

メインは牛肉の石焼き。自分でやるなんて初めてかも。
エリックも初体験でおもしろがってました。
f0097503_15464157.jpg

こんなのもあって、楽しいよね。やっぱ日本、好きです。
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 15:52 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 誕生日シリーズ1ー高尾山に行ったよ1

さて、7月はエリックの誕生日月。妻としても張り切るところでありますが、
今年ははやばやと7月4日からシリーズで始めてしまいましたの、お祝いを。
なにやってんだか。

さて、ここはどこでしょー。
f0097503_15295517.jpg


森?いやそれほどでも。
f0097503_15301940.jpg

日本庭園?ま、そういいますわな。
f0097503_15303724.jpg

なかなかでしょ。広いんですわ。
f0097503_15305551.jpg


答えは高尾山。高尾山って山しかないと思ったら大間違い(それはoeuf夫婦!)
すんごい敷地のあるレストランがあるんです。
うかい烏山
http://www.ukai.co.jp/toriyama/
f0097503_1531497.jpg


駅からお迎えバスがでてて、10分走るとそこは山の中ですわ。
その山の中にかがり火つきでお迎えしてくれる巨大なレストランというか、
割烹じゃないけれど、つくりも飛騨高山の250年前の家屋をそのままもってきましたという、本当に懐かしい木のにおいのするレストランで、お食事しました。
6月から7月中旬までは、お部屋で蛍狩りができるという風情つき。
なので、誕生日よりちょっと早めに行ってきたんですね。
主人は観光客さながら写真とりまくってました。
すごすぎます。
お料理はこの次の記事にて。
f0097503_1532886.jpg

[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 15:42 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 おひさしぶりっです♡

お話したいこと、実はたーくさんあるんだけど。

7月に入ってからいろいろあったのーということで。
まずは、えっとーこれかな。

新しいケータイ。突然主人のケータイの充電装置が壊れて2000円とか買うのにかかると。でも最近ケータイ、機種替えで1年以上も使っていると、うちの場合2、3000円で次の機種にできちゃうから、なんだかなー。今年は主人のケータイを変えてあげようとおもってたし。ってんで、思いきって機種替え。

主人がどーしても私のと同じのがいいっていうんで、その1つ新しい機種にしました。
懲りたんですかね、S○NYさんに。

f0097503_1581276.jpg


ちょっとドッキリショットかも。でもまーいつものことだから(笑)
f0097503_1582958.jpg


なかなか暗がりでも撮れるところが、私のより微妙にバージョンアップしてる。

携帯でとったすんごい珍しい私のふっつーの写真。
f0097503_15914100.jpg


主人のふっつーの写真も。
f0097503_1593234.jpg


珍しくない、ある意味お見せするにはこっちがふっつーの写真もほら。
f0097503_1594663.jpg


GPS機能もついてるから、主人が迷子になっても大丈夫。
ったって迷子になる確率は主人より私のほうが数倍高い。
東京に20年は住んでるという私のほうが。
東京在住たかが3年の主人(しかもガイジン)より。

なさけなー。
ま、こんなもんです(笑)
[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 15:15 | 雑感 divers