自動車保険配布スキンパーツ1 <   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 今週のおまとめ(6/20-25)

今週もへたばってますーのoeufです♡。

もー早く梅雨終わってほしーーですー。もーうんざり。最悪。凶悪な人間になりそーな気がする(笑)

というわけで、今回のおまとめです。

あちこちコメント書いていただいてももちろん嬉しいですが、
ここにまとめて書いていただいて全然構いません。
お待ちしてます。コメント大好き。

*卵色日記2より

卵色日記2 http://oeuf2.exblog.jp/
みなさん、「卵色日記」のリンクから来て下さってる方がとても多いのだけれど、
exciteの方針でいつあちらがなくなるようにされても不思議はないので、
リンクをぜひこちらに変えてくださいなー。

・踊りのお師匠、藤間文園先生の名演
・納得いかないよー(笑)
・配偶者ビザ!!!

*カナでいこう!パリの本音フランス語「カイエ・ラルゴ」より

カナでいこう!パリの本音フランス語「カイエ・ラルゴ」 http://largot.exblog.jp/

・そりゃーお前だろ

titilaのMy LiveJournal(日仏英語)
http://titilas.livejournal.com/

・j'en ai marre de toi !
・faux otaku

結局、ここではビデオあまりうまく載せられなかったので、あきらめて、
海外向け卵色日記というか、でも日本語で書いてるけど、もうちょっといろいろしがらみとか考えずに書いてます。フランス語とか英語とかちゃんぽんになってるけど、それが私の日常の言葉にもなってきちゃってるし。
等身大ってのはかなり難しいことではあるし、もっとよく見せたいなってやっっちゃうことも多いのだけど。頭にきたり、違うだろって思ったり、でも日本語で日本のブログに書くのは気がひける、って何かそんな話題です。
フランス語を勉強したい人用の説明もいっさいつけてないから、分かる人だけ分かるって感じです。ま、そんなにたくさん外国語は使ってませんけど。
できるだけ等身大。日本語で書いてるわりに、海外向け(笑)

titilas' history(日仏英語)
http://titilas.blogspot.com/
ここはビデオオンリーです。
踊りのお師匠さん、藤間文園先生の踊りが堪能できますよ。

・kurumaya-san 車屋さん
・Tsugaru Jongara Bushi 津軽じょんがら節
・akita daikoku mai 秋田大黒舞

というわけで無事に今週もおまとめできました。
皆様もよい一週間を!

a plus !
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-25 14:45 | おまとめ resume

自動車保険配布スキンパーツ1 配偶者ビザ!!!!

さて、ビザですが。

ここまでのお話はこちら。

ビザーッ

今日はお休み♡
ビザその後

ということで、更新手続きにいったのが6月4日。

更新が妥当かどうか審査されるんだと思うけど、これが終わったら、「金もって、取りにこい!」(お台場までっ)っていうラジカルな(笑)ハガキが英語で届きます。

これが届いたのが、6月17日、だったかなー。早い!なんだかんだいっても日本の行政機関はえらい(フランスに比べて早いって意味です、単に)
更新だったからでしょう。最初の申請には1か月半程度かかってましたから。

さて、
配偶者ビザでもなんでも、審査時はタダです。だから書類提出時にはお金は払いません。審査に通ると、手数料?だったっけ、まとにかくお金とられます。配偶者ビザは4,000円。くーーーー。予想外に早かったので、家計にひびくー。

でも昨今本当に外国人の凶悪犯罪といわれるたぐいのものが東京でも増えてきて、主人にはパスポート携帯必須を言い渡してきていましたので(いきなり職務質問みたいに外国人登録書を見せろと呼び止められることが何度かあったらしいし、顔をじろじろ通りすがりの警察官に見られることも、ものすごく増えたので。)やはり家計がどーとかいってられないでしょ。1か月以内にとりにいけばいいんだけど、すぐ行きたがる主人。当然よね。私もいってらっしゃいと次の日に行かせる。

日本人って外国人の顔見分けつかないのが辛いよね。主人も私もしょうがないって分かってるからいちいち文句いわないけど。確かにひげ生やしてる白人フランス人の主人の顔は、こざっぱり丸の内外国人金融マンとは違う雰囲気だしな。六本木で遊んでるアメリカ人とも違うし。カテゴライズできないんでしょうね。で、念のためと。いきなり失礼なことをしたりはしないから、大丈夫です。外国人登録証を見せるだけ。それで身の安全を守ってもらえるならOKです。

さて、主人、そういうわけで、「何年ビザ」か知らされずに取りにいく。ちょっとした宝くじ気分ですね。「3年!やったー」「1年!ノーーー来年もまた同じことやれっての?」通常、配偶者ビザを1度とった後の更新なら、フランス人なら次は「3年」がとれているそう。(国籍によってある程度待遇が違うわけです。仕方ないですよね。気に障ったらごめんなさい。入国管理局ってそういうところです。日本人だって外国にいけば同じことをされるわけです)

だから期待はしたけれど、一応ねフリーランサーとなってる私の信用度で彼のビザ有効年数が決まるわけだから、どきどき。不良日本人と認定されませんように。

で、3年。もー取れたとたん、携帯にメッセージ送ってもらいましたよ。やったー!不良日本人じゃない。なんででしょうね。主人のビザで、まだ私がダメダメ日本人ブラックリストに乗ってないことを確認している気分。結構さいてー。

まいいや。これで終わったかと言うとさにあらず。入国管理局ではお金とひきかえに(笑)パスポートに「この人、あと3年いてもいいダスよ」という記載をのっけてくれるので、これだけだとパスポート日常携帯は避けられない。

今度は区役所にいって、外国人登録書にその記載を書いてもらわなくちゃ。
これがまた中途半端に遠いところにあるので、晴れた日に自転車でいかないと不経済。
同じ区内にあるのに、うちからだと電車を3本乗り継ぐんですよ!冗談でしょもー。

で、やっと昨日いってまいりました、主人が1人で。大丈夫。うちの区内、外国人なれしてるからいじめないし(笑)

ねぇーエリック。ちゃんと写真とった?
ん?いらないよ。
えー3年前の写真使うの?かわいくないよーー。
多分、そのまま使われると思う。
ふーん、「念のため」用意してかないの?
いらなーい
あそ。

「念のため」が口癖の私。エリックは「念のため」という思想が結婚前なかったようですが、ここにきて「念のため」少しお金を余分に持っていくとか、そんなことをやるようにはなりましたが、必要ないってわかってるものは譲りません。そりゃそうよねえ。
私は安全パイを用意しすぎて、わけわかんないことになることも多いので、こういうときは素直にききます。

で、結局できたのを見せてもらえば、今までの外国人登録書の裏書きに「3年のびたよ。xxからxxまでね」って書いてあるだけ。あの自動車免許の住所変更みたいなノリ。
えー作り替えないのー?
新しい写真はもちろん必要ありませんでした。ちぇ。

後ろを見てくれない警察官がいたらどうすんのさー。といちゃもんをつけたくなりましたが、見せりゃいいのよね。そうでした(笑)

というわけで、私たちの配偶者ビザ更新のてん末。一応これにて終わり。
次は永住者ビザ取得にむけてがんばらねば。でもしばらくは忘れよう(笑)
といっても今年中には1度申請しておきたいです。だって、永住者ビザじゃなければ、配偶者ビザの更新してる人でも、指紋押捺が復活するらしいし。
主人は結構冷静に受け止めているようだけど、永住者ビザならこれもしなくていいみたいだし。
とはいえ情報不足。ほんとのところはどうなのか、いつからなのか調べなくちゃね。

犯罪者のように扱われたくないという気持ちもあるけれど、日本国の安全(基準が緩すぎて犯罪者天国になりつつあるという噂もあるし)を考えるとreasonableという気もする。主人はフランスでも同じようなのあるよ。皆昔は指紋取られてたよっていってたから、日本もヒステリックな感情に対応するだけじゃなくて、ちゃんとした意味でも安全のための対応を整備したほうがいいとは思う。

でもね、でもね。私はやっぱり指紋押捺には心理的抵抗があるよ。
できるなら自分の夫にはさせたくないと思う。ほんとのところ。
頭の中と心の中はときどき違うってこと。そんなもんだよねー。
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-24 15:57 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 納得いかないよー(笑)

最近、まわりの一部の日本人友人たちに、白人顔の日本人と称されているエリックですが
本人まで「僕、japonais blancだから」と言い出してるエリックですが、
ついでにフランス語のスペルミスとかを直すと「君はfrancaise jeune(黄色顔のフランス人)だろ」までいうエリックですが

なぜか、街のティッシュ配りの方々に超人気。

検証その1

1,私とエリックが歩く
2, ティッシュ配りの女の子を見かける(携帯屋の前とか)
3,女の子たち、私たちを無視
4,同じ道を戻りしな、ちょっとエリックを先に歩かせる、私はちょっと後からついてく
5,女の子たち、ティッシュをエリックに快く渡す
6,エリックが冗談で「もう1こちょーだい」と言ってみる
7,女の子たち、快くもう1こずつエリックに渡す
8, (後からついてってる私をじろって見る、まいいかこれは)

昨晩は、普通の駅前だったので、男の子たちです。

検証その2

1,私とエリックが歩く
2, ティッシュ配りの男の子を見かける
3,男の子たち、私たちを完全無視、っていうか今避けたでしょってほど逃げる

昨晩は同じ道を戻らなかったので、離れて歩くバージョンはなかったのですが...。

エリックの供述
「そうですね。非常に珍しいですね。男の子が僕にティッシュくれるというのは」

というわけで、携帯屋とかの前でティッシュ配りしてる女の子たちに異常人気だというのがわかりました。

昨晩と同じ街に1人でcigarilloを買いにいったエリック。帰ってきたら胸ポケットにティッシュが5つ。

何が人気なんでしょーか。人柄、なわけないですよねー話さないし。
納得いきません、わたくし。
でも人気があるのはよいことです♡
それにティッシュには不自由しませんし(笑)
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-24 15:09 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 踊りのお師匠、藤間文園先生の名演

先日、お伝えしたまめやの一周年パーティーですが。

お忘れの方はぜひぜひこちらをまず読んでね。
まめや一周年パーティー

やっと先生のお名前やら演目名やらがそろったので、晴れてじゃじゃじゃーん大公開いたします。
先生の名演3つ!しかもまめやで!太っ腹すぎです。
しかも目と鼻の先で携帯でビデオ撮らせていただいちゃって、快くブログ大公開、どころか全世界大公開まで許してくださっちゃって。

震えます。ほんと。
見てくださーい。

車屋さん
秋田大黒舞
津軽じょんがら節
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-21 22:18 | プチフィルム le petit film

自動車保険配布スキンパーツ1 今週のおまとめ(6/11-6/19)

今週はへたばってますーのoeufです♡。

なんか梅雨ってやっぱ苦手です。雨のないところに行きたいよーーー。
あと、ブログ2つ立ち上げました。Youtubeのフィルムを簡単に見てもらうためなんだけど、この2つどっちもどっちで、どっちを使うかまだ決めてないから両方にね。

というわけで、今回から新着のあるブログだけのせます。じゃないと長くて長くて(笑)

あちこちコメント書いていただいてももちろん嬉しいですが、
ここにまとめて書いていただいて全然構いません。
お待ちしてます。コメント大好き。

*卵色日記2より

卵色日記2 http://oeuf2.exblog.jp/

・絶対音感
・一発芸...猫さんの戦い

titilaのMy LiveJournal(日仏英語)
http://titilas.livejournal.com/

・neko san 3

猫一色モードでばりばりいってます。
猫さんムービー3つと自己紹介など。
ここの写真をクリックするとyoutube.comに自動的にジャンプしてムービーが見れます。
ちょっと不便だけどなんたって猫さんのsmily(顔アイコン)が可愛すぎて
やめられないのです... 。
落ち着いたら、日常の生活を語るブログにしちゃうかも。
画像容量1Gもあるしね。日本語対応も結構やってるし、使用感はかなりexcite.co.jpっぽいなと思います。

titilas' history(日仏英語)
http://titilas.blogspot.com/

・neko 3

ここは黒一色でちょっとシックに。
猫さんムービー3つと自己紹介と電子さいころを載せてます。
ここはクリックするとそのままムービーが見れちゃいます。
システムとしてはこっちが便利よねぇ。でもこのアメリカーンな機能美が今ひとつ私の好みじゃないなああ。便利だけど。しばらく様子みるって感じ。

ではまた〜。雨でへろへろなoeufに励ましのお言葉くださいー(とねだってみる)
フランスや海外の方々にはよい天気と幸せがやってきて続きますように!

a plus !
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-18 15:47 | おまとめ resume

自動車保険配布スキンパーツ1 一発芸...猫さんの戦い

どっちの猫が可愛いですか? | Excite エキサイト
excite のリンクポストで見つけたので、TBさせていただきます。
すごいですねーこんなの見つけてくださってありがとうございます。

ここはもー猫好きな人にどうぞ。

http://kittenwar.com/

子猫さんの写真を2枚見比べて、より可愛いと思ったほうをクリックするだけなんですけど。
永遠に続きます。
で、私は両方ともかわいくてどっちなんて選べない!という状態になって辞めます。

ただそんだけ。
脱力系ですが、かわいすぎます。
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-18 15:46 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 絶対音感

今、こんな本を読んでまして。

絶対音感
最相 葉月 / 小学館
ISBN : 4094030662
スコア選択: ※※※※※

この絶対的なタイトルというか、そういう圧倒されるような力強さというか、に惹かれて買ったのだけど、期待以上でした。
ってまだ読み終わってないのだけど。

いろいろ考えさせられることもあったりして。
それで読書中でも何か書きたくなったというわけなのです。

絶対音感。

それはきっと音楽をやる人ならだれしもあこがれる夢のような才能で、どうして私は持っていないの、という劣等感にもなるもので、生まれつきそなわるもので、それを持っている人は、すでに音楽家としてのチケットを手に入れたようなもの。

私の中にはこんなイメージがありました。

絶対音感という言葉を知らない人もいるんですね、ってことに、この本を読んでびっくりしたので、まずは説明しないとね。

絶対音感とは、一般的にピアノなどの楽器の音をきいて、あるいは町で音楽をきいて、あるいは町で聞こえてくる音をきいて、これはラだとかソ#だとか言えちゃう才能のことです。

でもこの本を読んで感じたのは、これはかなり後天的な訓練でどうにかなるもので、
日本人が絶対音感を持ち合わせている比率が非常に高くて
その理由の一つとして考えられているのが、「絶対音感を養う教育」という日本独自のプログラムで
これは西欧音楽に遅れをとっていると感じた戦前の日本が、音楽先進国に追い付くてっとりばやい方法の1つとして音楽教育にとりいれたカリキュラムの1つで
第2次世界大戦には、絶対音感をもつ子供たちなどが、戦争の研究にかりだされて
飛行機がどっちから飛んできたとか、どんな種類の飛行機だとかを見分けることに非常な貢献をした、とか
あららー音楽的じゃ全然ないよーって話になっていた、って話。

ま、日本の教育にはいろいろこんな話が紛れ込んでいるので、そんなに驚かなかったけれど、びっくりしたのは、この音楽界のスーパースターたるべき才能をもって生まれたといわれて天才児よばわりされた絶対音感をもつ子供たちが、その長い音楽人生でどんだけ大変な思いをしたか、ってこと。

絶対音感は「絶対に音がわかる」じゃないんですね。
繰り返しある種の音をきかせられて、これを「ラ」と覚えましょう。
これをドレミファソラシドとやった、このマッチングの結果が絶対音感。
極論ですが、こういうこと。
もちろん生まれつきの音楽環境の中で備わっちゃう人もいれば、
訓練で容易く手に入る人もいれば
訓練しても全然だめって人もいる。

だから本で書いてある
「絶対音感は、他者による音感を身に付けてほしいという意志が形になったもの」ということだという表現(本の中の正確な表現は違っていたと思うけど)もある意味うなづける。

そうしたとき、私の人生を振り返ってみちゃったりすると、
私の人生である種のパターンマッチングによる学習効果を「他者の意志として反映させるもの」として身に付けさせられたものがいくつかあるな、と。

英語ー3歳から1日1文章暗記させられた。一生英語なんかやるもんかと思った。が、今仕事で毎日使ってる。
計算ーというか方程式。公文式というのでこれもパターンマッチングで繰り返し数式を見れば解き方がわかるというやり方で学習させられた。6歳から18歳。今でも方程式はすぐ解ける。ありがたいかも。でも人生にはあまり役にたたないなー。

いわゆる刷り込みというやつで、これは6歳以前と以降ではずいぶん頭に残す仕組みが違うんだって。
確かに、英語はときどき数時間続けてしゃべると、もう英語でしかしゃべれなくなる。戻すの大変。フランス語は40歳近くから本格的にやったからフランス語でしかしゃべれなくなるってことはない。かなり近くなるってことはあるけれど、後天的な訓練によるものってことなんだろうね、きっと。
方程式は、絶対ほかの人が解いてるのと違う頭の使い方をしてるって自分でわかってる。
見たら分かる。方程式を解いていくときに変形していくけれど、この次の変形が文字で書いたみたいに目に浮かぶので、それを書いてくだけ。覚えてもいないし、考えてもいない。刷り込みだー。

絶対音感は、基準となる音がある。普通はピアノの音で442Hzなのかな?日本では。
絶対音感をもつ人の中には、この音が441Hzになっただけで、音がわからなくなる人がいるんだって。だからパターンマッチングだといったんだけど、ある種のものでないと理解できない。絶対音感はある種感性の幅を広げるようでいて、狭めることにもなるんだよね。

絶対音感と書くと、持つ人持たざる人がいるから、感覚的にシェアしにくい。
色に置き換えたらわかるかも。

例えば赤。赤という色はどの色からどの色まで赤? わっかんないよね。
これが、ある種の赤色だけを見せられて、これだけを「赤」といいなさい、と教育されれば、これが絶対色感となるってこと。これは結構違和感あるんじゃないかな、日常生活的に。もっと幅をもって人間ってものを認知してるよね。
黄色が混じってオレンジと認識できるまでは赤。民族によっては、オレンジと赤の間にきっと朱色って感覚があるのかも。あるいは赤と紫の間に、紅色ってのがあるのかも。
曖昧だよね。そうやって皆でなんとなくあいまいな感覚の中を生きてる。

これを音感に戻せば、それがちょっと不思議な感覚なことがわかるかもしれない。

私の思い込みとはずいぶん違ってミラクルな「絶対音感」は結構不自由な音感かも、ってことになってきた。

私には絶対音感はない。結構これを言い切るのに躊躇してた時期もあったし、今でも誇れるとは思ってないって感覚のほうが正直強い。絶対音感は誇れるが、反して絶対音感なしは決して誇れることではない、と。

でもこの本を読んで「私には他人に音感を強制された歴史がない」ってことだけかも、ってちょっと思った。
繰り返していうけれど、絶対音感が自然についてしまった人も山ほどいるから強制されてなくて絶対音感ありの人もいるんだけどね。

そのかわり私にある音感は、相対音感だ。これもどうやら訓練らしいけれど、基準音をその調のドと決めてしまえば、相対的にこの音はラとかわかるというもの。それで不自由したことはないし、音楽を聴けば音の高低の採譜もできる。最初の音を最後にピアノで引いて移調しなくては楽譜としては使い物にならないけれど、鼻歌の記憶なら十分(笑)。やったりはしないけれど作曲だってできるってもんだ。

私には相対音感が強くついたのか、あるいは絶対音感を補うために強化されたのか、結構強力な相対音感がある。例えば、初めて聴く曲でもよほど珍しいコード進行をしてなければ2番の歌詞のときには、ハーモニーを付けて歌える。主旋律を歌えないのが難点です(笑)いきなりハーモニーの旋律が頭にでてきて、それを歌うとうまく主旋律とハモってしまう。不思議。そんな感覚が3歳ぐらいからすでにあった。合唱団ではいつもアルト。決して主旋律を奏でない楽器しか演奏しない。へんだよねー。主旋律に興味をもったのは、フランス語でシャンソンを歌うってのをやりはじめてから。でも物足りないなーと思ったりする。私の頭の中にはいつもハーモニーしか流れてないんだもの。

楽器といえば、中学校でブラスバンドに入っていたとき。私は打楽器奏者だったから、いってみればリズム感だけあればよかった。ところがそのブラスバンドの誰より耳がよかったらしく、チューニングをするのに楽器をもった友人たちが大挙して押し寄せた。
ピアノの基準音さえあれば、それとの比較ができたからそうやって音をあわせてあげたら、その後で音楽の先生が合奏時にびっくりして目を丸くした。
今日は皆の音が異常にあってるなって。
まさか打楽器奏者がチューニングした、なんて思ってなかったと思うな。

私の耳のもう1つ困ったことは、音って音色によっていろいろな音が聞こえるんだけど、それがかなり均一に耳に入ってくるということ。ピアノみたいな音ならドならドの音がメインに入ってくるからあまり気にならないけど、打楽器のチューニングをすると死にそうになった。打楽器って音程ないでしょ?あるのもあるのよーティンパニーとかね。私はティンパニー奏者だったから、あれは演奏中に音をかえなくてはならない、逆説的だけど演奏中にチューニングを要求される優れた耳の持ち主でないといけない、しかもめっちゃ目立つ音がでる、というわけで、やらなくちゃいけないんだけどね。

プラスティックの皮ならOK。1音だけ大きく聞こえるので、チューニング用の笛というのがあって、これを小さくならせば聞こえるからチューニングできる。でもいいやつは動物の皮。これ私の耳には最低でした。5つぐらいの音が全部同じボリュームできこえるからどれにあわせていいかわからない。音を出さなくちゃいけない小節は迫る。泣きそうになったこともたっくさん。

で私は打楽器むいてないーと思ったことまで。でも実際には絶対音感をもっていれば、きっとこんなことはなかったんだろうと思います。だって違うHzの音は認識しない、ってなわけなんだから。

世界各国の楽器を見ると、打楽器も本当にいろいろあるし、古楽器というのもあるし、こういったものがすべて44xHzの世界統一基準で調律されているわけじゃない。いわゆるピアノは平均律というやり方で音を決めてあるけれど、これも一律じゃない。日本の音楽でも沖縄の音楽でもその他の国でも平均律を使ってないのは本当に多い。そうすると絶対音感は「絶対万能」じゃないんだよね。

私が好む音楽とか楽器ってよく考えてみると平均律的じゃない。打楽器しかり、古楽器しかり。なんかよくわかんない音とかリズムとか大好き。かくいう私だってピアノで音楽を習ったわけだから平均律的耳なはずなんだけど、だからこそかもしれないけど認識しにくい音やリズムが面白くて結構はまる。

こんな私に絶対音感は必要なかったのかもな。っと思ったりもしたりしてるのでした。

さて、こんな私、色彩に関してはどうやら絶対色感があるらしい。音でいうドとかラとかじゃないけれど、赤とか黄色でもないけれど、あるなーとあらためて思った。
うぐいすの羽の色、とかフランスのla posteで使う黄色、とか。ちょっとでも違うと違和感だけがあるような、「ちょっとぐらい違っててもわかんないし別にいいじゃん」じゃない感覚。「違うのは許せん」感覚。それを「絶対x感」となづけるなら、絶対色感でしょう。これは。代わりにフレキシブルな相対色感はない。グラデーションが美しいとか、こうでなくちゃとかあまり思わない。単色にこだわる。面白いなー、と。

ほかの感覚でもきっと同じことがいえるんでしょう。自分におきかえて考えるなら、
絶対音感なし。相対音感あり。
絶対色感あり?相対色感なし。
絶対触感あり?相対触感あり。(目をつぶって触ってもアンゴラのセーターとかわかる。ん?これって金額感があるだけかも(笑))
絶対臭感なし。相対臭感あり。(花のにおいに限っていえば結構わかるかも)
絶対味感なし。相対味感あり。(あんまりないなー。これはあれより味がどうこうっていう比較感覚のほうが強い)

というわけでなるほどね。私は色だけちょっと変らしい。

こうやって感覚っていう目に見えないものを見てみるのも面白いなーー。
それに「絶対音感」信仰から抜け出せたし♡

この本は、音だけじゃなくて感覚ってものに興味ある人にお勧めです。
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-18 15:22 | 本 livre

自動車保険配布スキンパーツ1 今週のおまとめ(6/5-6/11)

今週はなんだかんだ書きましたですのoeufです♡(苦笑)。

仕事はもー終わらない、あきらめムード。慣れるしかないです。終わり切らないって状態に。でもあっちこっちで結構楽しい思いもしたし、まいいか。

あちこちコメント書いていただいてももちろん嬉しいですが、
ここにまとめて書いていただいて全然構いません。
お待ちしてます。コメント大好き。

*卵色日記2より

卵色日記2 http://oeuf2.exblog.jp/

・まめや一周年パーティー
・ネコさんその後のその後

卵色日記 http://oeuf.exblog.jp/
卵色日記は終了いたしました。今までの記事は残っていますが、今後の更新は卵色日記2になります。

*カナでいこう!パリの本音フランス語「カイエ・ラルゴ」ブログより
http://largot.exblog.jp/

・キリンさんの長い一日...はぁ

*titila的毎日
http://titila.blogspirit.com/

新着なしですー描いているのはあるんですーほんとですー。

*oeufうふ*たまご
http://oeuftamago.blogspirit.com/

こっちも新着なしですーごめーんー。

*おしゃべり卵 les ragots de poulet
http://yaplog.jp/cheznous/

こっちも新着なしですーごめーんー。

*oeuf film
http://oeuf.seesaa.net/

こっちも新着なしですーごめーんー。

おうちの卵色日記より
http://www.estyle.ne.jp/cheznous/

新着は写真だけー。パーティーの写真とネコさん写真。あとー
システムが変わりまして、少し表示が早くなったはず。
あとコメントもつけられるようになったはず。
今まで表示に辛かった方々もよろしければお試しくださいませ。

ではまた〜。日本は梅雨ですー雨でへろへろにならないようにー(私はなりますー)皆さま体調にはくれぐれも気をつけて。
フランスや海外の方々にもよい天気と幸せがやってきて続きますように!

a plus !
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-11 19:37 | おまとめ resume

自動車保険配布スキンパーツ1 ネコさんその後のその後

いやーネコさんのおかげで最近幸せでっす♡

どのネコさんのどの後かといえばこちら。
猫・ネコ・ねこ〜
ネコさんその後

そう、ここまでの話としては、隣人とお話して、ネコさんが自由の身になって、晴れてなで回しても許される(とまでは言われてないけど)身分になったら、ネコさん来てくれない(涙)と思いきや、天気悪かったし、窓開けてもらえてなかっただけなんですねーきっと。

ちなみに本邦初公開。
隣のネコさん。(隣の晩ご飯ではありません....)
f0097503_1914849.jpg


かわいいでしょ?おすましでしょ?

で、昨日。マックでニュースとか見てたら。
とん。いやずしっという音とともになんか気配が。

ネコさんですーーーー♡
いきなりカメラを持ち出し、ネコさんストーカーと化すわたくし。

なになに、どこいくのー?

オ風呂場。
あそ。

もうアキタ。別のとこ行く。
どこー?
寝室。

ぐえ。やめちくれ。
油断した私が馬鹿でした。いやーネコさんを自分宅で見るのなんて10年ぶりぐらいですっかり舞い上がってた私は、経験豊富な6匹の母でした。

ふとんはヤバイっす。チビさんなら、気持ち良くてお漏らししちゃうし。
日本の寝室は押し入れ込みですから。あんなに暗くて楽しい(ダンボールあるし)ところなんて、無視できない。

案の定、駆けつけた時には、満面の笑顔で、押し入れの扉の前で上を見てました。

やっぱり。経験、うそつかない。

次の瞬間、こういうことになってました。
f0097503_18594274.jpg


他所ん家だっつーの。分かってる?なにリラックスしてんの。
え?おい?

アキタ。次。

私の怒り(嘘。笑)を無視して、すぐ側を通り抜けてゆきます。
f0097503_18595680.jpg


めざすはー。
f0097503_1901081.jpg


ベランダ。

想定内です。
6匹の元母はこんなことじゃあ驚かないー。

この顔見て?ありえないリラックスさでしょ。完全、別宅状態。をい。

あまりに和んでたのと馴染んでたんで、ビデオ撮っちゃいました。しかも2本。
しかも人ン宅のネコ。

ねこ1
ねこ2

でも、ベランダ庭が、それはそれは大層お気にめしたようで、あろうことか、うちのシブレとミントをお食べあそばした上、予備においてある土の匂いをかいでいたのを見て、またなにやらピンときてしまいました。母の経験は強し。

これはトイレを狙ってる顔でわないのか。
上にまたがったら次にすることは、全世界ネコみな同じ。

よっしゃー。
と脇をかかえて、窓からお帰りいただきました。

窓を閉めると不安になるようで、自分から窓によってきてくれたので助かった。
そうじゃないとパニックおこさせて、ベランダジャンプさせて路上にでも出させてしまったらえらいことでした。

次に来たときのために、注意点を主人に言い含めておいたことはいうまでもございません。

オシイレ×
ベランダ要注意
やばいときには、窓を閉めると自分で寄ってくる。

以上。

妻の伝言でした。

ふふふーネコってやっぱりいいですねぇええええ。自分のがほしいけどだめだもんなーこの部屋は。
主人に、どーして私はネコを生めないの?とつめよって、ボクにはネコの遺伝子がないからムリとすげなくされた哀れな妻oeuf。(妻にはないとはいわなかった。)

また、ネコさん遊びにきてねー。
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-11 19:24 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 まめや一周年パーティー

金曜日は、パーティーでしたのよ。ほっほ。

このブログをご覧になってる、まだ「まめやって何?」な方はこちらをどうぞ。

まめやオフ?!

まめやオフの2

まめやでパーティー♡

「まめや」でアニヴェルセール♡

「まめや」7月16日

「まめや」7月16日の2

さて「まめや」の料理とは?

とうとうオープン!? 友人Satokoの家庭料理屋「まめや」


長っ!

でもこれが1年を物語っているのねー。
というわけで、6月9日に一周年パーティーでしたー。
お客様に料理と飲み物を持ってきていただくという、料理屋としては画期的ともいえる企画でしたが、皆のいろいろな食べ物、飲み物、デザートと前菜、日本料理とクレーム・アンジュが同じテーブルにならぶというすごい光景の中、延々と食べ、飲み、おしゃべり、酔っぱらいました。

もちろん、まめやのお料理もたくさんでたのよ。一応、念のため。

ですが、いつもよりリーズナブルに飲み食いできて、さらにお客同士が盛り上がれるというわけで、もんのすごい人。
決して広い店とはいいませんが、ここにあふれかえった人人人。

そして、国籍、年齢、男女をとわず、まー入り乱れてること。
それに加えて、やっぱり場所柄ですねー新富町。

おしゃみにお琴の演奏。とか
踊りの先生がやっていらして、踊ってくださっちゃったりして。

目と鼻の先で、津軽じょんがら節を踊っていただいたときは、震えました。
すごすぎです。

私は仕事場から直行。エリックは燻製鍋をかかえて、鶏の燻製を材料もっていきました(つまり現地で作ったわけです)
後で、midoriさんと合流。マルコムもアイザックも凝れなかったけど、なんだか不思議でとっても楽しい夜でした。

食べ物飲み物の写真は一切ない(エリックがカメラ忘れた)けど、踊りの先生を携帯でビデオに撮ったから、そのうち公開できるはず。待っててくださいな。震えます。

私たちの馬鹿な写真をちょっとだけ。携帯でとったからブレブレだけど、まーいいってことよね。

f0097503_18542150.jpg

f0097503_18544275.jpg

f0097503_1855214.jpg

f0097503_18551835.jpg

f0097503_18553511.jpg

f0097503_18555089.jpg


楽しかったよー。

あと、このブログを見て、まめやに行き始めたって方に何人も会っちゃった。
なんか嬉しいなー。こういう人のつながりって不思議で楽しい!
また会いましょうねー。
[PR]

by oeuf2 | 2006-06-11 18:57 | 雑感 divers