自動車保険配布スキンパーツ1 カテゴリ:料理 cuisine( 7 )

自動車保険配布スキンパーツ1 夏の茶の飲み物

暑くてろくにご飯なんぞ食べられる気分じゃないので、飲み物ばっか飲んでます。
だめだね、こりゃ。

といいつつもどうせ飲むなら、簡単に作れるのがいいでしょ?

ってんでアイスティー。

やってみればわかりますが、普通に紅茶を入れてそれを氷で冷やすととんでもないことになります。クリームダウンといって白濁して、おいしくなさそーなお茶になっちゃうんですね。

実はこれはタンニンのしわざ。熱湯近くの温度のお湯ででてくるお茶特有の成分ではありますが、これがクリームダウンの根源なのと、アイスティーは冷たくすればそもそも清涼感ただようので、舌触り的な清涼感をかもしだすタンニンはそれほど溶け込まなくても気にならないって部分があります。

というわけで、何にも考えずに待てばできちゃう、クリームダウンしないアイスティーの作り方。

1,ペットボトルのミネラルウォーターを用意します。あるいは普通の水道水をペットボトルに入れるでもいいです。
2,140ccにたいしてスプーン一杯の茶葉をペットボトルに直接投入。1.5lだと11杯いれておけばいいかな。
3,冷蔵庫にペットボトルを入れます。
4,待ちます。8時間ぐらいがお勧め(夜つくり朝から飲む)ですが、気が短いなら多めの茶葉、短めの時間でどうぞ。

これの最大のポイントは、最高級の茶葉なんか使わなくていいということ。
そういうのは暑いお茶にして味を堪能してくださいな。お中元とかもらいものとかでもらったやつ、買って忘れていたやつ、お掃除してたら急にどこからともなく現れたやつ、そういうのを使ってください。高級品の茶葉というのは、私の意見ですがタンニンと他の味のバランスが上手にとれているもの。こういうのを水だしで飲んでしまうと返っておいしくない場合があります。
古いお茶、安物のお茶はそもそもバランスがとれてません。一番粗悪さを感じやすいのがタンニンの部分。
だから水だしでかえってよけいなものが出なくてすむからバランスがとれておいしいのです。

結構びっくりするぐらい味と香りがでますよー。結構そこそこよいダージリンを使うとして100g3000円とします。スプーン一杯3gといいますから、だいたい33杯分。
3000を33で割って、えっとー91円ぐらい。カップ1杯(140cc)91円なんですからそんなに高くはないでしょう?で、水だしするなら100g3000円のダージリンなんて使わなくていいということです。100g1000円で十分。ということはカップ1杯(140cc)30円強。500ccにして100円しませんね。もらいものなら水代だけだし(笑)

ということで意外と経済的でもあるのですよ。ペットボトルのお茶というのは、もともと原料のお茶にずいぶんストレスをかけてあります(無茶な抽出方法とか、お茶葉の管理方法とか)。うまくいえないけれどストレスをかけたお茶からでる液体は決しておいしいものでもなければ体にいいものでもない。

そういう意味でいえば、この水だしアイスティーなかなか自然な飲み物でもありまする。
暑いな!と思う日にはちょっとやってみてくださいませ。あれれ?お茶ってこんなおいしかったっけか、と思うはずです。ちなみに日本茶でももちろんオッケーです。
(私は野草茶や麦茶でもやったことがあります。素直に煮出せと思いますけどね。会社だとそうもいかなくて)

ついでにもう1つ。急須やお茶ポットに日本茶(これは日本茶がおすすめ)を通常の分量いれます。それから目一杯氷をつめます。
氷の溶ける速度にしたがってしか飲めない(笑)特別なお茶ですが、本当に甘い甘美な味がします。冷たいし。舌にころがる旨さです。
何かをしながら。そうですね、本を読みながら。お掃除をしながら。なんでもよいけれどお茶を飲むために入れる茶でなく、ひとときを楽しむためのデコレーションとして、いかがでしょ。

お茶って大変。そう思ってる方にぜひやっていただきたいなー。そして開眼していただけるとうれしい。私たちは皆お茶の国の生まれの人なんだって。
悪くないもんですよ。
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-13 15:42 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 なまけもののトライフル

これは、vaucluseさんところのスリーズ(さくらんぼ)を見たら毎年作りたくなるお菓子なんです。
(この記事はvaucluseさんとこの「vie quotidienne」の「読書三昧&恒例のサクランボ三昧」にTBさせていただいています。vaucluseさん、いつもすてきな記事をありがとうございます)

とはいえ、さくらんぼを使うわけではありません。さくらんぼのお酒、キルシュワッサーです。なぜかこのお菓子にはこのお酒がぴったり。
日本ではあのケーキのお酒として売ってるうさぎさんマークのボトルシリーズにありますし、ヨーロッパでは大瓶をかっても数ユーロでしょ。もともとはオーストリアとかドイツ系のお国のお酒です。

ただ気を付けてくださいね。日本人が通常飲むような強さではありません。だいたい50度?そんぐらいです。ヨーロッパにはシュナップスという強いお酒(たぶん食後酒が主な用途)がいろいろありまして、
例えば、
イタリアならグラッパ、フランスならマールとかカルバドスとかブランデー、イギリスなどではモルトウイスキー、デンマークでは..あ名前忘れました...そしてオーストリアではキルシュワッサー。ってな具合です。

このキルシュワッサー。キルシュがスリーズにつながるサクランボって部分で、ワッサーが水。サクランボ水ですね。うそだーアルコールですが。
ま、オードヴィといういい方があって、人生の水=アルコールというわけですから、サクランボ水がアルコールでもね。

とここまで書いておいてなんですが、記憶でものをいってまして暑さで頭やられてるので間違ってたらごめんなさい。「間違ってるよー」とびしびし指摘してくださいまし。

さて、でなまけもののトライフルですが。
トライフルはもともとイギリスのお菓子というかデセールだったはず。
「取るに足らないもの、ささいなもの」という直訳だそうですが、なんかいい加減に作れるっていう感じがすごく私向きだったので、さらにいい加減さを倍増させてアレンジしたのが、私オリジナルの「なまけもののトライフル」です。

ちなみに命名者は私の主人エリックでございます。妻のオリジナルレシピに堂々となまけものって名前をつけるかねー!?ま、いいや。夏だし。

では作り方です。

材料
カステラ 1本(あるいはスポンジケーキを焼いて下さいまし。スーパーとかでゲットしてもよし)
生クリーム 適宜(多い方が楽しい、200ccは使いましょうね)
砂糖 適宜
果物 (ベリー系がおすすめです。クランベリー、ブルーベリー、ブラックカラント..、冷凍だろうが道ばたで取ろうが構いません)
果物のジャム(これもベリー系がよいです。同じ味が重ならないように果物がクランベリーなら、ジャムはブルーベリーとかいいですね、なければフルーツのシロップやジュースでもよいです)
キルシュワッサー(あくまでご自身のアルコールの強さを考えて量を加減してくださいね、火を使わないので、アルコールはまったく飛びません(笑))

作り方
1、生クリームと砂糖をまぜてしっかり泡立てる
2、カステラ半量を適当にちぎりながらボールに並べる(このボールでテーブルに出しますから気を付けて)
3、果物があれば、果物の半量をちらす
4、ジャムがあれば、ジャムの半量をのせる
5、ジュースがあれば、ジュースの半量をかける
6、キルシュワッサーの半量をかける
(ここまでで、カステラがジュースやキルシュワッサーで十分しめっているのがいい感じです。めざすはサバラン風)
7、生クリームの半量をかざる
8、2〜7を繰り返す
9、ボールにラップをかけて、冷蔵庫に入れて最低1時間は待つ。(3、4時間ぐらいが一番おいしい。1日経つと味のピークはおちてきます)

ちゃんちゃん。おしまい。
簡単でしょ?なまけものバージョンですから(笑)

ちなみに私が作ったところをビデオで公開しております。
よろしければ見てやってください。フランス語で主人とかけあい漫才もやっとります(笑)

triffle de faignasse

ではーボナペティ!
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-05 14:46 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 マッシュルームのハーブ焼き

なにもたいしたことやっとりません。

マッシュルームを1kg買う勇気と、
こおんなでっかいアルブドプロバンスをゲットするコネさえあれば(笑)。
f0097503_16404778.jpg


フランスのパパとママが送ってくれました。
いや、vie quotidienneのvaucluseさんに前にいただいたのが気に入った私、おねだりしたらこんなでっかいのが来たんですね。200gといいますが、そうですね、500ccのコカコーラと同じぐらいの高さがあります。でっかいです。ハーブって重さないんですよね。

で、マッシュルームをきって、たまねぎきって、トマトきって、オリーブオイルと塩、こしょうと、アルブドプロバンスをかけて、オーブンで2,30分。なんにもしておりません(笑)

これを堂々と料理とよぶあたり、いい根性のoeufでございます。
f0097503_16434553.jpg

[PR]

by oeuf2 | 2006-07-17 16:45 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 一味違うチャーハン

料理ネタ2連発ですが。

f0097503_1315453.jpg


昨日、山から戻ってきた思いつきで、チャーハンを一味変えて作ってみました。

動物を入れずに、おあげを入れてみる
こしょうを使わずに七味トウガラシを使う

そしたらまーおいしいわん。
というわけでオススメです。気分を変えたいときにどうぞ。

ちなみにばらしちゃうと、うちでは七味トウガラシのかわりに、柚子の粉末の混じった柚子唐辛子を使いました。最近はやってるみたいな柚子コショウでもいいと思う。

柚子こしょうなんて九州のもんだと思うんだがなー。最近スーパーで見かけるようになったのはちょっと驚き(一ビン800円とかするけど)
うちのエリックの大好物でもあるってのはちょっと笑える。

真剣な私。
f0097503_13151635.jpg


ん?今呼んだ?
f0097503_13152831.jpg

[PR]

by oeuf2 | 2006-05-04 13:20 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 燻製ブームですー

というわけで見せびらかし。
主人の作ったスモークチキンよっ。
綺麗でしょー。

f0097503_1312816.jpg


味もほんっっとにおいしくて大満足。
もっと食べたいわーというわけでとうとう桜のチップをゲットすることに。

なんと東京の木材屋さんが燻製用に小さくした桜のチップを15kg3000円弱で売ってることを発見。他で見つけたのは輸入もので3kgぐらいが3000円弱、あるいはヤフオクで500g400円ちょっとだからこれは断然お得。
というわけでお願いしたら届きましたよー。
どのぐらいの大きさかっつーとエリックの足と比べてみましょう。
ちなみに彼の足は25.5cmです。えー身長が180cmなのに?と驚く方、ふつーです。
私も目を丸くしましたから。
おかげで靴を探すの困らなくてよいけれど。

さて、問題の15kg袋はこんな感じです。
f0097503_1355752.jpg


中はこんな感じ。

f0097503_1364255.jpg


これじゃー燻製しないわけにいかないわね。ふっふっふ。

というわけで私たちの燻製シーズン、世間とは逆に始まったばかりなのでした。
[PR]

by oeuf2 | 2006-05-04 13:07 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 燻製豚 cochon fume

ついに届きましたのさー。待っておりましたのー。
燻製用鍋。ふっふっふ。
いつもながら影響されやすい私は、cocoさんとこのフランス存在日記をみて、あー私もやってみたいいいいいと思っておりましたんですの。
(というわけで、この記事はcocoさんとこの「燻製熱は下がらない…」にTBしております。
cocoさん、いつも食欲熱をあおってくださる楽しい記事で、ありがとうございます(笑))

そうしましたら都合のよいことに、毎週お野菜とか届けてくれるpal systemにセラミックの燻製鍋が。1つセラミックの鍋を以前買ってとおっても愛用しているので、これは失敗してもただの鍋になるな、ふっふっふ、と思い、主人を説得して(なんたって普段燻製なんぞ作る時間があるのは主人のほーですから)入手することにいたしましたの。じゃじゃーん。
待つこと1週間。届かない。別ルートで届けられるってことが書いてあったのに気づいてませんでした。

で首が長ーくなるほど待った週末(単に週末まで待っただけですが)ピンポーンと。
ダッシュで飛んでった私をみて、すでに主人は苦笑気味。

子供みたいだよ。

もともと子供みたいな主人にいわれたかないわい。と反論したら写真を撮られました。

あたらしいあそび。
た〜のしいね〜

のコメントつき。ご丁寧なこって。でもほんとに子供みたいに屈託なく笑ってるぞ私。
f0097503_14244265.jpg


f0097503_14245927.jpg


ま、いいか。

で、待ちきれない私はさっそく仕掛けに取りかかりましたの。

ブツは豚さんのかたまりです。
が1センチぐらいの厚みにスライス(というのでしょうか)して、塩、こしょう、
そしてvaucluseさんとこからもらったエルブドプロヴァンスherbe de provence、つまりミックスハーブ(ひどい言われ方.. . ごめんなさいvaucluseさん)をまぶして
しばらく置きます。
f0097503_14284312.jpg


この間にお茶などを飲んだりして。

で、しかけにかかります♡

さくらのチップをひいてー網をおくと。
f0097503_14285254.jpg


じゃじゃーん。実は2段なのでした。このおかげで400gの豚さんも全部一度に
燻製できるというわけ。
f0097503_1429146.jpg


ふたをしめて。。。中火で.....なんと10分。なんということでしょー!!
f0097503_14291176.jpg


作ってる間のにおいがまたすばらしい。鍋の隙間からもれでるにおいをくんくんして
キュイジーヌを離れない私にまたまた主人は苦笑。

なんたって私ゃ経験ないですからね。間違ったことやってないか、正しいにおいがしてるか、は主人の人生経験をたどってもらうしかないっ。で、大丈夫と太鼓判をおされたので。。。

10分後。ちらっと見てみる。すでにさらなる加熱の準備はできてる(つまりできてないと読んでた私。。ははは)でもできてた。ちゃーんと。

ほうらね。
できると縮んでるよね。確かに縮んでる。それと同時に途方もないよい燻製香が。
f0097503_14292248.jpg


最初1かけだけ食べたんだけど、だめですわ。
エリックも私もがまんできなくて結局このとおり。お皿にもりつけて
朝食直後のおやつになっちまいました(笑)
f0097503_14293128.jpg


いやー私の食物熱をあおってくださったcocoさん、いつもながらありがとーございます。
あなたのおかげで少なくとも2つ私は初チャレンジ料理を完成させました(笑)
(もう1つは、ほっけの干物アラフランセーズですよっ)
すばらしいハーブをくださったvaucluseさん、本当にありがとーございます。
このおかげで日本豚もちょっとフランス味をおびました。

しかし
この鍋の説明書に、
肉は分厚いから塩ゆでしてから燻製しろ。と。
書いてあったんだけど。
それじゃー旨味逃げるよねー!?ねー!?ねー!?
と同意を求めてみるのであった(誰に?)

PS 頭痛を心配してくださった方々ありがとうございました。
どうも非常な体調の悪さとストレスから来てたらしく、今週は少しましになりました。
ストレスためすぎないようにしないとっ。
[PR]

by oeuf2 | 2006-04-15 14:43 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 名も無きソース

先週の日曜日ですが、
思いつきでフリットと唐揚げなど作ったんです。
で、ソースも。

f0097503_849298.jpg


本人タルタルソースをイメージしたんですが、

コルニッシオンがない!(ピクルスですね)
粒マスタードがない!

えい、いいや。思いつきでやってしまえ。

とこうなりました。

マヨネーズ
和からし(粉のやつ)
塩・こしょう

ここまで入れて

うーんなんか味に深みがないぞぉ

で思いついた。

バルサミコ!

入れたらばっちりイメージ通りの味(すでにタルタルソースは忘れてる!)

主人にいわせると、なんたらソースの味にそっくり。だそうで。
肉につけるとうまいんだー、だそうで。

ほんと。唐揚げにつけたらうまかった。絶品。

いつもの、に飽きたらぜひどうぞ。
[PR]

by oeuf2 | 2006-04-02 08:47 | 料理 cuisine