自動車保険配布スキンパーツ1 2006年 08月 05日 ( 3 )

自動車保険配布スキンパーツ1 なまけもののトライフル

これは、vaucluseさんところのスリーズ(さくらんぼ)を見たら毎年作りたくなるお菓子なんです。
(この記事はvaucluseさんとこの「vie quotidienne」の「読書三昧&恒例のサクランボ三昧」にTBさせていただいています。vaucluseさん、いつもすてきな記事をありがとうございます)

とはいえ、さくらんぼを使うわけではありません。さくらんぼのお酒、キルシュワッサーです。なぜかこのお菓子にはこのお酒がぴったり。
日本ではあのケーキのお酒として売ってるうさぎさんマークのボトルシリーズにありますし、ヨーロッパでは大瓶をかっても数ユーロでしょ。もともとはオーストリアとかドイツ系のお国のお酒です。

ただ気を付けてくださいね。日本人が通常飲むような強さではありません。だいたい50度?そんぐらいです。ヨーロッパにはシュナップスという強いお酒(たぶん食後酒が主な用途)がいろいろありまして、
例えば、
イタリアならグラッパ、フランスならマールとかカルバドスとかブランデー、イギリスなどではモルトウイスキー、デンマークでは..あ名前忘れました...そしてオーストリアではキルシュワッサー。ってな具合です。

このキルシュワッサー。キルシュがスリーズにつながるサクランボって部分で、ワッサーが水。サクランボ水ですね。うそだーアルコールですが。
ま、オードヴィといういい方があって、人生の水=アルコールというわけですから、サクランボ水がアルコールでもね。

とここまで書いておいてなんですが、記憶でものをいってまして暑さで頭やられてるので間違ってたらごめんなさい。「間違ってるよー」とびしびし指摘してくださいまし。

さて、でなまけもののトライフルですが。
トライフルはもともとイギリスのお菓子というかデセールだったはず。
「取るに足らないもの、ささいなもの」という直訳だそうですが、なんかいい加減に作れるっていう感じがすごく私向きだったので、さらにいい加減さを倍増させてアレンジしたのが、私オリジナルの「なまけもののトライフル」です。

ちなみに命名者は私の主人エリックでございます。妻のオリジナルレシピに堂々となまけものって名前をつけるかねー!?ま、いいや。夏だし。

では作り方です。

材料
カステラ 1本(あるいはスポンジケーキを焼いて下さいまし。スーパーとかでゲットしてもよし)
生クリーム 適宜(多い方が楽しい、200ccは使いましょうね)
砂糖 適宜
果物 (ベリー系がおすすめです。クランベリー、ブルーベリー、ブラックカラント..、冷凍だろうが道ばたで取ろうが構いません)
果物のジャム(これもベリー系がよいです。同じ味が重ならないように果物がクランベリーなら、ジャムはブルーベリーとかいいですね、なければフルーツのシロップやジュースでもよいです)
キルシュワッサー(あくまでご自身のアルコールの強さを考えて量を加減してくださいね、火を使わないので、アルコールはまったく飛びません(笑))

作り方
1、生クリームと砂糖をまぜてしっかり泡立てる
2、カステラ半量を適当にちぎりながらボールに並べる(このボールでテーブルに出しますから気を付けて)
3、果物があれば、果物の半量をちらす
4、ジャムがあれば、ジャムの半量をのせる
5、ジュースがあれば、ジュースの半量をかける
6、キルシュワッサーの半量をかける
(ここまでで、カステラがジュースやキルシュワッサーで十分しめっているのがいい感じです。めざすはサバラン風)
7、生クリームの半量をかざる
8、2〜7を繰り返す
9、ボールにラップをかけて、冷蔵庫に入れて最低1時間は待つ。(3、4時間ぐらいが一番おいしい。1日経つと味のピークはおちてきます)

ちゃんちゃん。おしまい。
簡単でしょ?なまけものバージョンですから(笑)

ちなみに私が作ったところをビデオで公開しております。
よろしければ見てやってください。フランス語で主人とかけあい漫才もやっとります(笑)

triffle de faignasse

ではーボナペティ!
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-05 14:46 | 料理 cuisine

自動車保険配布スキンパーツ1 カンガのモード

最近主人がもーしますに、今フランスではこんないい方がはやってるんだそうです
(話半分でしかきかないほうがよいと思いますが、どーせ主人の中で流行ってるっていうのに決まってますって)

Je suis en mode fatigue(ジュスュイアンモドファティグ)

ボク、疲れたモードなの。

ぐらいでしょうかね。なんでもかんでもen modeをつけるんだって。
en mode love なんて、何語やらわからん表現もあるんだそうです。
恋愛モードですね、文字どおり。

で、私はこの夏カンガのモードです。

以前、私が街でみかけて買った気にいったお洋服(というかずどーんとしたワンピース)はアフリカ風のゆったりした心地よいものだったのですが、このようなのがもう1つ欲しいなと。

で、探すと1マンエン!ぎゃーー財政困難のうちでそんなもん買えませんって。

で、なんかもっと安くてアフリカンなのないかなーと思って探したら、インターネットでみつけました。

カンガ

東アフリカ、タンザニアとかあたりで洋服からふろしきからインテリアにまで使われる一枚の布。100x175mmの大きさだからいろいろに着れる。着方にいろいろあって、その着こなし方をまとめた「カンガ・マジック101」なんて本まである。

なんたって一枚布ってのが気に入って、自分でいろいろ工夫できるってのも気に入って、ついでに8月1日からセールしてくれちゃったりしてるので気に入って1枚ゲット。

ちょっと見てみたい?見て下さい。ここでゲットしました。いろいろあって楽しいです。
トロワのカンガ

しかもカンガ・セイイングという格言、お言葉などが書いてあってそれもまた楽しい。
私のゲットしたのはオレンジのお花柄なんだけど、「神様が与えてくださったもので十分です」うーんいい言葉だ。

私のゲットしたオレンジのカンガ

着てみると、これはなんというか色のついたさらしの肌触り。肌襦袢といってもいいかな。懐かしい肌触りなのか、私はこれを着て眠った日から熟睡するようになっちゃいました。なんか懐かしいんですよ。

で、さらしを結んだことがある人ならわかるとおもうけれど、あるいは日本てぬぐいのちょっと厚手なものを想像してください。これを結ぼうとすると適度に摩擦があるので軽く結んでもあまりほどけない。しっかり結ぼうとすると布が手に付いてくる感じでこれもあんまり大変じゃない。

カンガ・マジックは、長方形の布をどう使ってどう結ぶかで幾通りにも(水着とか帽子まで!)アレンジできちゃう優れものなんですね。

乾くの早いし。ちょっと湿ったぐらいなら10分も日に当てれば十分。

涼しいのにすごく安心感のある布地です。

というわけで、追加購入しちゃいました(笑)富士山いくときまで暑ければもっていくかな。暑くなくてもバッグにもなるしな。
ほんっといろいろ使えます。

笑えるのは主人がさっそく自分の腰にするするっと巻いてしまったこと。セネガルに1か月ほどいたことがあるのですが、そのときもそうしてた、って手慣れた感じで。

そういえば私が1週間ほどいたスリランカでも男の人はそうやって腰に布を巻き付けてましたね。女の人はもっと複雑できれいなサリーを身に付けていたけれど。

というわけで、アフリカとか南アジアとかで結構あちこちにありそうな布コスチューム。最近日本も暑いですからねーとりいれちゃうのもいいんじゃないでしょーか。
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-05 14:19 | 雑感 divers

自動車保険配布スキンパーツ1 暑いーですー

お久しぶりでございます、皆様。
すっかりご無沙汰してしまったのは、以下の理由によるものでございます。

1、梅雨が長かったので腐ってた
2、暑い
3、上司のプレゼンテーションの手伝いを突然いいつかって妙に忙しい
4、バカンス前に稼がなきゃいけないから妙に忙しい

まーとにかく梅雨が苦手でございます。あの身体奥まで入り込むような湿気と寒気。あれにやられちゃいます。私だって更年期といわれる時期に入ってきているわけですが、いじわるとしか思えないほどの今年の梅雨の長さ。殺す気かという感じでございました。

そしてうってかわって夏。気温の変化にたちうちできない、常にこわれたサーモスタット付き人間である私は、この気温の急激な変化にたちうちできず、とうとう暑くなると頭が痛くなって、冷房をつけずに我慢してると気が遠くなるという奇病を発症するにいたりました(ただわがままになっただけ、ともいう)。今日も発症しそうになってクーラーをつけるお許しをいただいてつけたらなおりました(けろりん)

もともとクーラー大嫌いなのですが、ものには限度があります。私はどうも自分の体温(35度前後)を超える気温を許容できないようです。ふつーかもしれませんが。

そのうえ、何のうらみか8月と9月の1日なんかに、製品のプレゼンテーションがございます。上司が話すんですが、自分で1からつくるよりめんどいこともあったりして。
だって、自分が1から作るなら今週はここまで作っておこうと計画立ててできますが、私の上司は計画破壊形のため、直前になっていろんなことが山のようにふってきます。でもラストスパートのある人なので彼は間に合っちゃうんですが、コツコツタイプでラストスパートのあまりきかない私は、一人泣きながら遅れて終了する、とこんなパターンに入るんですね。ぶー。

ってことで、家にかえると真っ平らにべたっと倒れてそのままぐーーーという感じになってしまいます(ご飯はそれでも主人の協力を得て作ったり食べたりしますが)

おかげで、疲れきって倒れる状態をトゥプラ(tout plat)、真っ平らと表現してしまったので、主人は日本語で疲れて倒れる状態=真っ平らと理解してしまった気がしますが、誤訳であることを訂正するエネルギーもありません。まさにトゥプラです。

それにバカンスはなんとか勝ち取りまして、これにより16日から24日までの9日間バカンスをとることができました。やったー!!でもバカンスにいくためには稼がねば。
というわけで、じゅーじゅー太陽にグリエされながらも必死にがんばっておりますoeufでございます。

今後ともよろしゅう......ぱたっ。
[PR]

by oeuf2 | 2006-08-05 13:56 | 雑感 divers